仮審査と本審査の違い

カードローンの契約時には審査がありますが、大きく仮審査と本審査に分けられます。本審査に通って初めてカードローンは契約できますが、全ての申込者の本審査をするのは、無駄な手間がかかります。そもそも申込み条件を満たしていなければ、審査時間を短縮した方が効率的です。

 

これは申込者側にも言える話です。元々通らないものであれば、本審査の時間は無駄になってしまいます。仮審査は、本審査の前に契約できそうかどうかを調べるための審査です。時間もどこまで調べるのかも、金融機関や審査の種類によってまちまちですが、早いものでは1秒で終わる仮審査もあります。

 

仮審査の目的は、属性から融資できそうかどうかを調べる点にあります。申告された年齢や年収、現在の借入れ状況などから、返済能力の有無を診断します。

 

今は様々な項目についてスコアリングしている金融会社が多く、仮審査にはそれ程の時間はかかりません。仮審査の段階での申告内容が多い程、本審査も通る可能性が高くなります。それだけ細かい情報を調べられるからです。

 

本審査では、申告した内容に不備はないか、例えば虚偽の申告をしていないか、申告漏れがないかを調べます。申告した内容が貸し付け条件を満たし、内容に不備がなければ、本契約となります。

 

ネット上での回答は仮審査となるオリックス銀行カードローン審査の結果連絡も、本審査は必要書類を提出した後となります。