カードローン審査とはどのように行われるか

カードローンの申込み時には必ず審査があります。審査に通らなければ借入れはできません。審査に通れば何度でも繰り返し借入れが可能になるので、通るか通らないかはとても重要です。

 

しかし、一口に審査といっても、即日審査、審査は最短30分、3秒診断など、色々あります。即日審査よりも3秒診断の方が早そうに見えますが、審査には段階があり、これらはみな同じではありません。

 

審査には大きく分けて仮審査と本審査の2つがあります。仮審査は借りられるかどうかの目安となります。本審査に通って初めて契約が可能となります。

 

 

仮審査について知っておく

カードローンの申込み時には審査がありますが、これはその人の返済能力を調べます。貸出し可能かどうかを判断するにはある程度の時間がかかります。

 

しかし、申込者の中には、すぐにでもお金が必要な人もたくさんいます。せっかく申込んだのに、数日経ってから審査に落ちたという知らせを受けていては、そこまでの時間が無駄になってしまいます。

 

また、金融会社側でも、申込者の登録を全て終えてから審査をして、もしも審査に通らなければ、それまでの手間が無駄になってしまいます。

 

そこで、いくつかの情報を基に、カードローンの審査に通りそうかどうかを簡易で振り分けします。これが仮審査です。

 

仮審査後の本審査

仮審査では、融資できそうかどうかを簡易的に診断します。仮審査に通っても本審査で落ちるケースもあります。例えば仮審査時の申告内容に虚偽があった、職場に在籍しているという確認が取れなかった、などです。

 

本審査に通れば、本契約を結び、カードローンが利用できるようになります。そのため、本審査では本人の申告内容に虚偽がないか、確かに本人かどうかなどをきちんと調べます。

 

審査とは異なるお試し診断

中には3秒審査、1秒審査など、本当にすぐに結果の出る仮審査もあります。これは本当の目安としての審査です。これら数秒の仮審査の特徴は、個人情報をほとんど入力しない点にあります。

 

名前や電話番号、住所などは記載せず、年収や年齢、借入希望額などの数項目だけで診断を行います。それら少ない情報から、融資ができそうかどうかを診断します。

 

ここでは職場の在籍も借入れ状況も確認はしません。こういった仮審査の良い所は、個人情報を提供しないので一切履歴が残らない点です。また、とにかくすぐに結果が出るので、カードローンが組めそうかどうかの目安を調べられます。

 

大手の消費者金融では大体のところが診断コンテンツを用意しており、TVCMでも見かけるプロミスでもウェブ上で簡単に診断が行えます。診断後に申し込みをして審査通過、契約とする流れも可能ですので、プロミスで借りる場合にはまずはプロミス診断を受けると良いでしょう。

 

プロミスで即日融資を受けることは可能か

プロミスでのカードローンキャッシングについてですが、実は最短で即日融資が可能ということです。突然の出費が必要で次の日まで待てない、そんな緊急事態にもプロミスは対応しています。

 

では、プロミスで即日融資を受けるにはどうしたらいいのでしょうか。まず、プロミスでの新規契約は、インターネットを利用するとより早く、様々な申し込み手続きを行う事ができます。

 

ただし、ただし、自分が書き込む申し込み内容に漏れや間違いがあったり、また状況次第で審査に時間がかかったりして予想以上に時間がかかる場合もあるため、確実に即日融資が受けられる保証はありませんので、その点は注意が必要です。

 

手続きが順調に進んだ場合は、ネットで申し込みを済ませたあと、メールか電話で連絡があります。そして審査が通った場合には、必要書類を揃えてプロミスの自動契約機まで出向きます。

 

自動契約機を利用した申し込みは約30分ほどで済み、しかも誰にも会わずに申し込みできるメリットがありますね。ただし、受付時間は午前9時から夜の10時までなので、その点はご注意ください。一部店舗では営業時間が異なる場合もあるようですので、出かける前に店舗・ATM検索画面で確認して出かけると安心ですね。

 

審査が済めば契約→カード発行と、その場で手続きが完了して、ATMで借り入れが可能になります。

 

銀行のカードローンでも同様に進められる場合があり、そういった借り入れ先なら最短即日融資も可能となります。特に見ておきたいのは三井住友銀行カードローンで、プロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が同じく審査を行うため、早い手続きとなるのです。

 

プロミスのように契約機を使った週末の契約手続きも進められますので、消費者金融での借り入れに不安がある、抵抗がある方は、審査回答も早い三井住友銀行カードローンの審査手続きを進めてみましょう。